楽しい中国語

現在の日本では、中国語を学ぶ人たちが年々増えています。
私自身も学生の頃、2年間だけですが中国語を勉強していました。
中国語の授業は他の外国語の授業よりも楽しかったと記憶しています。
他にはドイツ語と英語の授業を受けていたんですが、ドイツ語はわけが分からないまま終わってしまいましたし、英語は何故か発音しか勉強しませんでした。
だから、文法もそれなりに覚えられて、発音は色々ありすぎてマスターするには時間がかかりましたが、日本と共通する漢字もあるので文章の意味が分かりやすい中国語はとても楽しかったのです。
おまけに教えてくださった先生が、一年目は中国留学経験のある日本人の先生で、二年目は中国人の先生でした。
特に二年目は中国語版の日本映画を観たりしましたが、中国語の字幕が出るものを一時停止しながら、意味を学んで行くのは楽しく、一年経った頃には、あらすじくらいは理解出来るようになっていました。

日本の漢字と共通しているからと言って、油断してはいけません。
全く意味が違うものはあります。
例えば有名なもので言いますと「手紙」、こちらの日本語の意味はもちろん英語で言う「レター」ですが、中国語の意味では「トイレットペーパー」になります。






What's New

2013/02/22
新着情報3を更新。
2012/11/19
新着情報2を更新。
2012/10/10
新着情報を更新。
2012/05/12
増加を更新。
2012/05/12
貿易量と成長率を更新。
2012/05/12
旅行を更新。
2012/05/12
就職・転職を更新。
2012/05/12
中国語を身につけよう!を更新。
2012/05/12
ホームページリニューアル

Recommend Entry

簡単な方法で

中国語を覚えるときに取り入れてみてほしいのが、歌を使って覚える方法。中国語の歌詞で馴染みのある曲はたくさんあるので、その意味を覚えながら歌ってみるとよくあるフレーズを覚えることができますよ♪

問題と対話

中国語の価値はますます高まって来ています。いろいろ問題が発生している、という考えもあるでしょうが、その問題を解決するのは、もちろん、対話によるものなのです。

なんといっても

中国語の国際社会でのポジションは重要さを増してきています。通商上のやり取りでも、大きな市場が存在し、距離の近い国ですから、日本にとってもとても大事な国であると言えますよね。だからこそ、言葉の壁を超える価値が高いのです。